いよいよスタート!

 ついに今年の本公演がはじまりました!

天気が不安定だったため、
旅館組合青年部さんのキャンドルナイトと
とっこの湯公園の縁日、スーダラ劇場の
本日分は中止になってしまって
残念でしたが、修禅寺本堂での

木村俊介 & 小野越郎 DUO

は、盛況のうちに閉幕。

ライトアップされた修禅寺の庭を背景に
津軽三味線と篠笛の音色が
響き渡りました♪♪♪

桂座音楽賞グランプリ受賞曲の
「北風に踊る」を久々にききましたが
変則的なリズムがやみつきになり、
収録CDを購入!
お二人のサインもいただきました〜。
(会場で購入された方はみんな
その場でサインをもらったのです(^^)

「また来年の桂座で」と言い残して、
お二人は次の演奏の地へ・・・

そして明日は

shikinami (シキナミ)

の登場です。

当日券の販売もありますから、
チケットのない方もあきらめずに
修禅寺へお越しくださいませ。

18時30分開場
19時00分開演です。

明日もがんばるぞー。

桂座うちわで盆踊り

突然ですが、 修善寺のお盆は8月1,2,3日です。
中伊豆地域は昔、養蚕が盛んで
8月中旬は忙しいので、日をずらしたとのこと。

そのおかげで、世間一般のお盆は繁忙期で休めない
観光業の私たちでも、1,2,3ならお墓参りにも行けて
ありがたや。

というわけで
昨日の夜は修禅寺にて

施食会(せじきえ) ・・・ご先祖様の総供養

修禅寺寄席 ・・・ 橘屋仙舟 の講談「修禅寺物語」
            水口ちはる の「紙切り」  
            春風亭傳枝 の「落語」

盆踊り大会 ・・・ 平和音頭、とっこ音頭、東京音頭など
            みんなで輪になって踊ります

が おこなわれ、露店も並んで
老若男女、地元民も観光客も一緒に楽しみました。

桂座スタッフはイベント告知のため、
今年はじめて制作した「うちわ」を配布し、PR。

ゆかた姿の女性が、帯に桂座うちわをさして
踊ってくれているのを見て、ひそかに感動!

オリジナルうちわ、予想以上にいいですね・・・

修禅寺のうちわも、「和」の一文字が深イイ。

桂座 本公演は、この修禅寺にて
8月5,6,7日の3日間開催です。

もうすぐですよ!


本公演まで一週間!

 今日は、本公演前のスタッフ会議がありました。
受付、案内、会場警備、司会、楽屋対応など
スタッフがいろいろな係に分かれ、
それぞれの仕事と流れを確認しました。

桂座のスタッフはボランティアの集まりなので
プロのイベントスタッフのようにはいきませんが
毎年、お客様にも、出演者の皆様にも
修善寺を楽しんでいただけるよう、
みんながんばって体当たりしております(笑)

さて、今年の本公演、
トップバッターは、本年度桂座音楽賞グランプリ
「木村俊介×小野越郎 DUO(デュオ)」
津軽三味線と篠笛の演奏です♪♪♪

お二人は、日本のみならず
イギリス、ポルトガル、アメリカ、コソボ、アルバニアなど
世界各国で数多く演奏しています。
桂座のステージも、外国から帰ってすぐとか。

津軽三味線と篠笛をあやつり、独特な世界を聴かせてくれます。
伝統的な楽器ですが、演奏はモダン。
修禅寺本堂という舞台でどんな世界をみせてくれるのか
ぜひ、皆様の目で耳で、体感してください〜。


8月5日(金) 19:00開演
修禅寺本堂にて 
入場無料!(こんな機会は貴重ですよ!)

18:30開場ですが、
前列で聴きたい方のために17:30から整理札を配布します。
(修禅寺境内にて)
桂座スタッフは黒いTシャツを着ているので
わからないことなどありましたら
声をかけてくださいね。

歴史あるお寺で津軽三味線を楽しむ
そんなすてきな夜を、来週ぜひ・・・

スタッフ一同、お待ちしています!

修禅寺物語きいてきました

 修禅寺物語上演100年を記念して
頼家まつり前夜に、修禅寺にておこなわれた
「語り・修禅寺物語」
古屋和子さんの語りと和田啓さんの打楽器で
約1時間、物語の世界にひたりました。

登場人物は、
鎌倉幕府2代将軍・源頼家
伊豆の面作り師・夜叉王
その2人の娘、姉かつら と 妹かえで
かえでの夫・春彦、
その他、修禅寺の僧、頼家の家来、
頼家を暗殺するためにやって来た北条の刺客

それらの人物を、古屋さんは
たった1人で、声だけで演じ分けていました!


せっかちで激しやすい、若く繊細な頼家は
高めの声をよく荒げる

誇り高く、望み高く、自分の意志を貫くかつらは
艶があって芯のある声

現実的で、つつましい生活を大切にするかえでは
素朴に家族を気づかう声

職人の技に一徹な夜叉王は
低く、権力にも屈しない強い声


千変万化の声といいますか・・・
「語り」って奥が深いです。

さらに、要所要所に打楽器がはいることによって
空気が盛り上がる。不穏になる。

この物語、最後はハッピーエンドからは程遠く、
鬼気迫る、しかし静謐な光景なわけですが
(頼家の最期で終わるわけではありません)
語りを聴きながら
場面をイメージすると
すごく余韻があるのです。

文庫本を読んだ時とは
また少し違う気持ちを味わえました。

しかも、場所が本当の舞台・修禅寺なわけですから・・・
二人の演者の後ろには仏像や仏画が。

修禅寺物語を聴くのには最高のしつらえでした。


ご来場くださった皆様、ありがとうございました!
来れなかった皆様、またの機会がありましたら
ぜひおでかけくださいませ。



スーダラ劇場!

 スーダラ劇場出演者をお知らせします。
場所はいずれも 修善寺の とっこの湯公園。
入場無料!温泉場の週末は、縁日とスーダラ劇場だ!

7/17(日) 喜酔会(太鼓)、H&S、add4

7/18(祝 )舞夫連童(マイフレンド)よさこい、
       GR☆25(S-POP)、サーティーンボーイズ
       独鈷音頭

7/23(土) なごみ太鼓喜楽、大介(シンガーソングライター)、
        ACT(ヒップホップダンス)

7/30(土) 修善寺ロック

8/6(土) 住民参加型おたのしみイベント
       みんなで来てください♪

8/12(土) 儀衆しわか(太鼓)、VOX
        C−men’s(チェーメンズ)
        ユカッツミン、フライングエレファント

8/13(土) 古ぼけた上着(フォークソング)
        古川結香、独鈷音頭

※変更の場合もあります。

時間は午後7時〜午後9時予定です。

縁日とともにお楽しみください。
縁日には飲み物、やきとり系、地元のお店の物販
でてます。会場は川のそばだから、風があって、
夜のそぞろ歩き、おすすめですよ〜。

ぜひおでかけください・(^▽^)・

7/17(日)、18(祝)は修善寺へ♪

 来る7/17、18の修善寺は
イベント三昧なんです。

まず7/17(日)
19:00〜 修禅寺 壇信徒会館にて
修禅寺物語上演100周年記念
 語り 「修禅寺物語」 
出演:古屋和子、和田 啓
入場無料、申し込み不要
(前回の記事も読んでね)


そして7/18(月・祝)
11:00〜12:00 修善寺温泉街にて
源頼家公行列 & 飲酒運転撲滅パレード

12:00〜12:30 修禅寺境内にて
静岡県警察音楽隊演奏

16:00〜20:00 とっこの湯公演にて
スーダラ劇場
16:00〜17:00 舞夫連童(マイフレンド) よさこい
17:30〜18:30 GR☆25          S-POP
19:00〜20:00 サーティーンボーイズ  演奏

さらに19:00〜21:00
修善寺温泉街周辺にて キャンドルナイト
ろうそくによるライトアップ


7/21(木)午前中には
修禅寺境内にて 弘法市 (朝市)もあります

修善寺のアツイ夏がはじまるよ〜〜〜
(もう十分暑いけど!)


次回は、「スーダラ劇場」の日程と出演予定者を
お知らせしますね〜。

「修禅寺物語」を、修禅寺で聴いてみませんか?

 修禅寺物語 って知ってますか?

(かなり昔の)学生時代、
私は、修善寺もしくは修禅寺が
学校の教科書に出てきたのを
3回覚えています。

ひとつは
夏目漱石の「修善寺の大患」。
修善寺温泉で一時危篤におちいった漱石。
でも地元の大和堂の野田医師に助けられ、
その後、晩年の傑作を生み出します。

去年がちょうど修善寺の大患100年
の年でした。

そして川端康成の「伊豆の踊り子」
修善寺駅に近い湯川橋で出会うんですよね。
たしか。(後で読み返そう)

そしてそして
時代はぐっとさかのぼり、鎌倉時代。
悲劇の2代将軍、源頼家の最期の地がここ。

この、源頼家のものと伝えられる古い面が
修禅寺の宝物館に展示されているのですが、
作家、岡本綺堂(おかもときどう、明治5〜昭和14)が
これを見て、創作したのが「修禅寺物語」です。

この物語が歌舞伎で上演されてから
今年でちょうど100年!!

この記念の年に

まさに舞台となったこの修禅寺で

語り「修禅寺物語」の公演が行われます。

7月17日(日)19:00開演

修禅寺、壇信徒会館にて

古屋和子(語り)、和田啓(打楽器)による
修禅寺物語、入場無料公演!

申込み不要、当日直接会場へお越しください。

尚、お寺には駐車場はありませんので
修善寺総合会館駐車場や
御幸橋駐車場をご利用くださいますよう
お願いします。

バスなら、修善寺駅より
修善寺温泉行きで約10分、終点下車
徒歩5分ほどで着きます。

翌日の18日(祝)には、修善寺・頼家まつりも開催。
7月17.18日の修善寺は
イベントもりだくさんで、1回ではとても
紹介しきれないので、次回に続きます。

また続きをチェックしてくださいね♪♪♪

桂座音楽賞のお二人です

5月28日におこなわれた桂座音楽賞グランプリ本選会
グランプリのお二人の画像を入手しました〜。

津軽三味線、笛、鈴をつかって
オリジナル曲を演奏してくださいました。

その曲がまた良くて、
緩急がくっきりしていて
私のようなシロウトがきいてても
退屈しないおもしろい曲でした。

おもしろい・・・うーん、もっといい表現のしかたが
いくらでもあると思うのですが・・・

単純な曲やメリハリのない曲だったら
途中で あ、もういいや と
思ってしまうのですが
お二人の演奏と曲はほんとに心地よくて
「しっかり聴いて感じたい曲」でした!


8月5日に
修禅寺で聴けますからね。


楽しみにしていてください♪♪♪


スタッフも楽しみにしてます!



duo 

桂座音楽賞グランプリ速報!

本日、修善寺総合会館にて
第7回桂座音楽賞グランプリ本選会が
開催されました。

雨の中、聴きに来てくださった皆様
ありがとうございました。

そして、行けなかったけど
グランプリ気になるぅ〜と
このブログをチェックしてくださったあなたに
 
お伝えします!



第7回桂座音楽賞グランプリ

その栄冠に輝いたのは!


♬・♪・♫・♬・♪・♫・♬・♪・♫・♬・♪・♫・♬・♪・♫・♬・♪・♫

木村俊介 & 小野越郎 DUO (津軽三味線)


 ♬・♪・♫・♬・♪・♫・♬・♪・♫・♬・♪・♫・♬・♪・♫・♬・♪・♫



このお二人でした!!


そして虹の郷賞には 

ギターのokayanさんが選ばれました!


グランプリ受賞者には

来る8月5日(金)
19:00より
修禅寺本堂にて
グランプリステージ


用意されます。


グランプリステージは
なんと入場無料!

まだ先ですけど、

みなさま8月5日の夜は

ぜひ修禅寺へおでかけください。

詳細は後日このブログでも

お伝えしますね。

まずはとりいそぎ
グランプリ速報でした〜(^^)


明日は総合会館です!

 雨ですね・・・

台風2号がじわじわと近づいてくるとか。

今年は嵐を呼ぶ桂座音楽賞?!

というわけで、明日の本選会、

会場は虹の郷ではなく
修善寺総合会館

となります。

間違えずにお越しくださいませ。

修善寺駅からは、バスですと
修善寺温泉行き
に乗り「総合会館」
バス停下車すぐ。

車ですと
伊豆市横瀬の信号を
修善寺温泉方面に上り
10分弱。道の左側です。

もし迷ってしまったら
0558-72-2501
まで、お問い合わせください。

本選会は13:00スタート、
どなたも無料で入場できます。

それでは明日
修善寺総合会館へ
桂座音楽賞本選会を
聴きに来てください!

お待ちしてます(^^)/


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
website 桂座HP

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM